店の看板が隠れてしまう、撤去するニダ! 巨大原始人の造形物撤去問題 





観光客が減る一方の韓国。
中国からは制裁をうけ日本からは嫌韓。
韓国の観光業界はこの影響をもろにうけ瀕死状態。
でも、これだけの影響でしょうか?
最近、いわれるのは韓国には見るべきものがないという意見。
それはもっともな話で文化的な遺産がほとんどありません。
観光というのは文化をみるようなものなので、それがない場所には魅力を感じません。
なぜ、文化遺産がないのでしょう?
理由は簡単で前の権力の象徴は全てが悪でありそれを破壊しつくすからです。
まあ、この辺りは様々なところで語りつくされているのでこれくらいにしておいて、ちょっと気になる記事を見つけました。

中央日報の記事です。

「原始人の造形物」大きくなる撤去要求に議会採決まで

大邱達西区ジンチョンドンに設置された「巨大原始人の造形物」をめぐる議論が絶えない。
長さ20m、高さ6mにも及ぶ原始人の造形物を撤去してほしいという住民3140人が署名を集めて議会に提出し、それを受けた議会はこれを臨時会の本会議に付さ撤去するかどうかを決めることにした。

この造形物は、眠っている穴居人のを形象化した作品である。
大邱出身の広告デザイナーが企画した。これは議会が積極的に推進している事業の一つである。
これに対し住民は、この造形物が大きく都市美観を損ない、看板を覆い、営業を妨害すると主張している。

30日に開かれた福祉文化委員会の会議では、原始人造形物撤去をめぐる議論が行われた。
そこには最近完成した原始人の造形物を撤去してほしいという請願があふれ、その選挙区の議員がこれを案件に上げた。

請願の紹介に出たヨンシク議員は「原始人造形物は、十分に住民の意見が反映されないまま推進された上に関連条例や規則にも準拠していなかったことが請願の要旨」と「中間に位置が一度変更されたがこれを議会に報告していないことなど事業推進全般に問題があった」と述べた。
一方、峡ャ関係者は「公聴会までは行わなかったが住民説明会を開き住民の意見を尋ね住民も穴居造形物の建設に同意した」と反論した。
また、苦情が提起された直後に工事を中断なかった理由については、「書類上は工程率が70%だったが、形を取っただけ見れば99%進行した状態なので、工事を中断するのが不可能だった」とした。

原始人造形物で看板がいくつかの隠れたレストラン店主もこの日の会議を傍聴した。事業主側は「原始人の造形物が店のすぐ前に建つとは住民説明会に参加していなたがわからなかった。最初に鉄製枠組みが上がるときも分からなかったが、その上にセメントを覆ってはじめて、この建造物がどのようなものかを知った」と不満を示した。

この日議会では原始人の造形物撤去の請願を可決した。
議会の最終的な判断は、来月3日午前の本会議で決定される予定である。
しかし、本会議で決定事項は、勧告では、可決になっても、実際の解体につながるかどうかは未知数だ。




まあ、すでに立ってある像が邪魔だからどかしてくれということです。
内容を読んでいて被ったのが日韓合意
ここにも住民の意見が反映されていなかったと日韓合意のあとのタスクフォースと同じことをいっています。
ですが、議会側は住民に説明会をひらきその時は反対意見がなかったといっています。
私が思うにはたぶん、説明を住民は聞いていないか理解できていなかったのでしょう。
工事が始まってその時点であれこれ因縁をつけ始めた。
そう、いつもの韓国人です。

この場合、決められたことは仕方がないとするのが日本ですが、韓国はそうではありません。
いつでもどこでも、思いついたらすぐに反対をし騒ぎ始めます。
この写真を見る限り行政側の言い分の方が正しく正確でしょう。
完成寸前になって自分に都合の悪い部分が気が付いて騒いでいるのでしょう。
それに対応する議会もおかしいしこれをやっていたのではなにも決まりません。
これは「約束という概念の欠如した韓民族」ならではの問題といえます。

にしても、この像美観を損ねますかね?
私にはとなりにある横断幕のほうが遥かに美観を損ねているようにおもいますけどね。
いかがでしょうか?




↑価値観の共有などできないと思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

ID・パスワード管理ならSKUID

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...